第一草稿

なんとなくをなんとなく書き出してみるブログ

『世界一楽しい決算書の読み方』でキャッシュフロー計算書のエッセンスを理解した

どこかのランキングで見かけた本が図書館にあったので読んでみました。率直な感想は「なるほど、売れるわけだ」。

本書の特色は

  1. 財務諸表を「形」で理解していくので、数字や会計に苦手意識のある人でも読みやすい
  2. クイズとダイアログが中心で話が進んでいくので、ワクワク感とスピード感が持続する
  3. ビジネスモデルや戦略にの違いが財務三表にどう表れるかがわかるので、一通り読める人でも楽しめる

あたりでしょうか。

どなたの功績なのかわかりませんが、図表のデザインもかなりわかりやすく、理解を助けてくれます。それと、メルカリ、sansan、スペースマーケットなどのここ数年で上場したスタートアップが多く出てくるのも財務諸表分析の本では珍しいと思います。個人的には親しみポイントでした。

これまで会計の最初の一冊には【増補改訂】 財務3表一体理解法 (朝日新書)をおすすめしてきましたが、これからはこっちですね。

自分の学び

ぼくは(会計は耳学問ですが)仕事で競合調査や新規事業検討をするごとにIR資料に目を通すので、なんとなくは読めます。なのでP/LやB/Sがどういうときどうなるとかは大体わかってて、本書のクイズもほぼ大丈夫でした。(ZARAとユニクロは見分けがつかなかったですが…orz)一方、C/Fは見方もよくわからず、仕事のときもほとんど無視してました。この本で財務戦略・財務状態の違いがどのようにC/Fに表れるかを理解できたのが、一番の学びです。

簡単にいうと、キャッシュフローは次のように三つの活動に分かれます(p.133「3つの活動の数字の意味」より)。

プラス マイナス
営業活動 本業で資金を獲得 本業で資金が流出
投資活動 設備や株を売却 設備や株へ投資
財務活動 資金を調達 返済

分かれた三つの活動動がプラスなのかマイナスなのか、相対的な大きさはどうなっているのかで、事業戦略や財務状態がわかります。

本文中では六つに分類していますが、自分の理解で改めて三つにくくってみました。

f:id:ukichiron:20210228160245p:plain
pp.134-137の内容を元にukichironが作成

こんな感じですね。投資が限定的(安定成長)なのか、稼ぎよりも多く投資してる(非連続成長)のか、投資してない(事業縮小)のかで分類するのがしっくりきました。

P/Lでは設備投資や債務返済がわからないので、キャッシュフローの健全性や戦略を知る先行指標として、C/Fは非常に便利です。見て見ぬ振りをしてきましたが、義務化されたのにはちゃんとわけがあるようです。いままでごめんなさいorz

意識低い系労働者の生存戦略

年も年なのである程度のことは無難にこなしますが、ぼくはもともとエネルギッシュな方ではありません。いわゆる「意識低い系」であることはほとんどの友人が同意してくれると思います。労働者としてはうまく隠してる(つもり)なので、なんならその判定を友人であることの定義としても使えます。何を言ってるんでしょう。

そんな意識低い系労働者でも今の所クビになることもなく、家族がみんなが食べていけるくらいの収入はいただけています。で、それは一つだけ意識している「戦略」が効いていると思っており、今日はそのことについて書いてみます。一言でいうと「意識高い環境に身を置く」です。

成長し続けることが必要

当然ですが、できることが増えて、自分が及ぼせる事業インパクトが大きくならないと給料は上がりません。それに、時代が進むともに今もってるスキルはどんどん価値を失っていくので、現状維持も事業インパクト減を意味します。つまり、労働者として働く限り、給料を増やすか少なくとも減らさないためには、自分が成長し続けることが必要です。ああ、なんて殺生な。

勉強と実践の両輪でやる

成長するには、自分の経験を使うか他人の経験を使うかの二通りの方法あります。自分の経験は、仕事で新しいことに取り組んで、生の成功・失敗を経験して学びを得る方法。他人の経験は、他人の学びを本や講義、Web記事などを通して自分のものにする方法です。前者のほうが学びが大きく狭く、後者のほうが小さく広いです。どっちも大事です。そんなことは知っている、ですよね?

当たり前の基準を上げる

じゃあ、「周りのだれも新しいことを提案しないしチャレンジもしない環境」と「みんながどんどん新しいことをやろうする環境」のどちらが自分も挑戦しやすいでしょう?「周りの誰も勉強してない環境」と「みんながめっちゃ勉強してる環境」のどちらが自分も勉強するでしょう?ぼくは後者だと思います。突き抜けるよりついていくほうが遥かに楽です。「がんばらないとついていけないような環境」に身を置くことが、もっとも楽に学び、楽に成長することができます。だってみんなやってるんだもん。それが当たり前なんだもん。自分でケツを叩くより叩いてもらったほうが楽です。ついでに言うと「自分が一番できない環境」がもっとも成長幅が大きくなるのでお得感抜群です。ただ会社もデキるやつがほしいわけで、なかなかそのようなポジションに付く機会はありませんが。

退路は常にある

この話をすると「それは辛いよ」と言われることがあります。がんばらなきゃ・勉強しなきゃというプレッシャーがキツイ、ということですね。人それぞれではあるのですが、一応念の為に処方箋を書いておきますと、「退路は常にある」と認識すると良いと思います。別に本当につらかったら逃げたら良いです。冷静に考えれば当たり前ですよね?辞めればいいんです。なんで、辞めるまではプレッシャーにさらしておけば良いです。それがもっとも楽に省エネで効率よく成長できるから。

と、ぼくは考えてます。で、いまのところうまくいってます。え、これが70まで続くんですか?

社会人になったなと感じたとき

過去の今週のお題「大人になったなと感じるとき」。

当たらずとも遠からずな、社会人になったなと感じたとき、について。珍しいかもしれませんが、これは明確に覚えていて、ライブドアがバファローズ買収するかもって話について堀江さんがテレビで話してるのを見たときです。

テレビで繰り広げられていたのは雰囲気こんな感じのやりとりでした。

司会者「近鉄バファローズの金額…●●億円!」
司会者「これは堀江さんですね。なぜこんな大きな買い物をしようと思ったんでしょうか?」
堀江 「『安っ!』って思ったんで。」
ひな壇「その金銭感覚がもう…」

何を隠そう、ぼくも「安っ」て思いました。というか、ビジネス携わる人ならみんな思ったはず。でもテレビの中では芸能人がみんな「安いと思うなんておかしい」って感じでコメントしていてもりあがってました。「あー、これ安いって思うのは社会人だからなんだ。たしかに学生のときなら高いっていいそう。ぼくもサラリーマンなんだなー。」と思ったことを覚えています。


***


同じようなお金に関するエピソードはもう一つあって、学生の時のことです。ある(基礎科学分野の)巨大な実験装置の建設費が数百億円だと聞いたとき、担当教員とこんな会話をしました。

ぼく「数百億あるならもっと社会に役に立つ使いみちがあるんじゃ、って思っちゃうんですよね。」
教員「数百億じゃ何もできないよ。」

そのときは「そんなことない。ぼくに預けてみろ。」くらいに思った記憶があります。恥ずかしい。でも働いてみていろんな数字を知るにつれ、「ああ、たしかに。(思い描いていた規模のことは)何もできないわ」と思うようになりました。


***


投資の考え方や事業やるときの規模感なんかがだんだんとわかってきて、同じお金なのに捉え方が変わった(ことに気がついた)とき、社会人になったな・大人になったなと感じたみたいです。

(なんか…浅いですね…。)

わが家の子育て方針

保育園や幼稚園の入園時面談もそうですが、同僚との雑談でも、ごくたまに育児方針・教育方針について話す機会があります。特に変わったものではありませんが、わが家の方針をご紹介します。一言で言えば「子供が失敗し続けられるようにする」です。

子育ての目標

まず、子育てのゴールを「子供が自分のやりたいことを、自分の力で実現できるようになること」としてます。なので独立までの18年間は、やりたいことの設定から実現までをいろんな材料や粒度で練習しまくる期間、となります。将来取り組むべき問題は答えがありませんが、この期間の練習はだいたいが答えのあるものでやります。例えば体系が整理されていて答えのわかってる学問で練習するのが学校教育ですね。家庭だと例えば、自転車に乗りたい→乗れるように練習→実現、とかもそうです。このサイクルをぶん回すことで学びの総量を最大にして世に送り出してあげるのが親のミッションだと思っています。さらにサイクルのうち、うまく行かなかったとき・失敗したときのほうが学びは大きいので、(誤解を招きそうな言い方ですが)方針としてはいっぱい失敗してもらう・失敗し続けられる状態を保つ、ということになります。

挑戦を妨げるもの

では、うまく行かなかったとき・失敗したときに次なる一歩を踏み出すことの妨げになることは何でしょうか。仮説ですが、挑戦を辞めてしまう原因は失敗したときの「周りの反応」と「自分の反応」の二つがあると考えています。自転車の例で言えば、前者は「(ころんだ結果、親が)またどろんこになってー!洗濯するのはぼくなんだよ!」と言うとかです。後者は「(ころんだ結果、自分が)痛いからもう乗るのやめよう。歩けばいいや」と思うとかです。洗濯が理由で怒ることはないと思いますが、なんとなく伝わりますかね…。とにかくここの二つをケアしてあげると、挑戦→失敗→学び→挑戦というサイクルが滞りにくいのでは、と。

行動指針

ここまでくると具体的な行動指針が定まってきます。一つは上に書いた「周りの反応」の方に対処するために「失敗を許容すること」です。命に係る場合を除き、子供が挑戦した結果の失敗については、絶対に叱らないようにしています。これを家族内で徹底していて、先生など家族以外の人に叱られた場合でも、挑戦と失敗そのものは良いことだと言い続けてます。二つ目は「自分の反応」の方に対処するために「エンカレッジすること」です。ぼくが苦手なので良い方法があれば教えていただきたいのですが、どんなに素晴らしい世界が待ってるか、楽しいことが待ってるかを力説することが多いです。

文章がアレなのでわかりにくいかもしませんが、まとめるとこんな感じです。
f:id:ukichiron:20210214221519p:plain

リファレンス

ほとんどはエビデンスもなくあくまで自分の経験に基づいた考えですが、「子育ての目的」のところは過去に読んだ本の影響があります。

自由をつくる 自在に生きる (集英社新書)

自由をつくる 自在に生きる (集英社新書)

  • 作者:森博嗣
  • 発売日: 2014/01/31
  • メディア: Kindle版
大学入りたての頃にたまたま読んで、ああなるほどとなりました。内容を詳しく覚えてるわけじゃないですが、メッセージは「自由=自在」だけだったと思います。とても便利な解釈でその後10年以上使い続けています。いずれ紹介記事を書きたいです。

買って良かった2020

過去の特別お題「#買って良かった2020」。

2020年はリモートワーク環境を整えるためにいろいろ買いました。その中ではオカムラバロンとThinkPad X13が大きな買い物で、どちらも気に入っています。が「椅子が大事!」とか「ThinkPad最高!」とかは世に溢れかえってますし、ここではリモートワーク関係ない、日常使うもので買ってよかったものを、Amazonの購入履歴から発掘してみます。

カリンバ

ある日、子供が保育園で楽器を造ってきたんですよね。トレーに輪ゴムかぶせるだけの簡易のやつなんですが、それを家で演奏してくれて。ぼくも使ってみて「カリンバに似てるなー」と連想したのがきっかけでした。でその場でAmazonで検索したらセールでかなり安くなってる入門器があったので買いました。コイツが結構良かった。何が良いって、ひとつ目は、音量がちょど良くて、集合住宅で夜に演奏しても気にならないこと。これは重要なポイントで、わが家には子供用の太鼓とかピアノとかラッパとかいっぱいあるんですが、音が気になるんですよね…。昼間ならまだしも、ぼくが相手できるのは主に夕方から夜なので、その時間にも一緒に楽しめるのはめちゃくちゃ利点でした。もう一つはどこにでも持って行ける大きさなこと。公園に行くとき、お出かけするときに、リュックにぽいっといれて、現地でちょこっと弾けちゃいます。安いこともあって取り扱いにあまり神経質にならないで良いので、結構いろんな公園にもっていきました。「それっぽく弾く」方法を見つけたりして、子供だけじゃなくて大人もかなり楽しんでます。

ポテチ

ポテトチップスはサワークリームが好きで、昔住んでたところは近くのスーパーでレイズが売ってたので、気に入って食べてました。ただそこ以外で売ってるの見たことなくて、Amazonでは高いし、ずっと代わりになるものが決まらずにきてました。そんな状態で2020年に出会ったのがこれです。濃いめの味付けで、ジャンキーなお腹になってるときに最適です。流石に子供にはあげられないので、一人で夜な夜な食べてます。めちゃくちゃ体に悪そうなので(!?)なるべく我慢してるのですが、それでも現在リピート3回。4回目を注文したいけど耐えてるところです。

デスクライト

単3乾電池で給電する、持ち運べるデスクライトです。子供はまだ小さいので専用のデスクはなく、床やローテブルなどいろんなところでいろんな姿勢でぬりえやら何やらをします。なので持ち運べて方向や高さの調整が簡単なデスクライトが必要でした。ツインバードのこれはまさに要件を満たすもので、たたむとコンパクトだし、明るさも十分でとても気に入って使っています。乾電池だけじゃなくて付属のACで給電する事もできますが、わが家では基本エネループです。履歴だと1,680円だったのですが、今見たらアホみたいに高くなってるので、生産終了したのかもしれません…。