第一草稿

なんとなくをなんとなく書き出してみるブログ

『時間術大全』

ちょっと無駄に忙しいなーとおもって、こんな本を読みました。本書のメッセージは一つ、「本当にやりたいことを決め、それを邪魔するモノを遠ざけろ」です。それを実現するためのTipsがいろいろと載っています。
自分の生活を振り返り、早速いくつかやってみることにしました。

ニュースチェック

今回の一番大きな変更点。ニュースって週イチ確認でいいよね、と書いてあって、自分が毎日必要以上の頻度で、必要以上の情報を消化していたことに気がつきました。ソースを減らし、週末にまとめて効率よく情報収集するように変更しました。

具体的には、

  • 余計な情報ソースを解約またはリストから削除し、
  • 気が散らないように、iPhone/iPadからニュース系アプリやRSSリーダを削除し、
  • 情報ソースを雑誌媒体中心に変更し、
  • 週末にカレンダを押さえました

メールチェック

もともと通知は切ってましたがそれでも事あるごとに覗いてしまっていたので、アプリをホーム画面1ページ目に置かず、奥まったところに追いやりました。メールは一日一回仕事終わりに確認します。カレンダに予定を入れました。

SNS

iPhone/iPadからFacebook、Instagram、Twitter、LinkedIn、Wantedly Visitを削除しました。

スポーツジム

コロナで休会状態のスポーツジムを退会し、保育園の送り迎えやスーパーへの買い物を徒歩に切り替えました。

所感

もっと仕事を片づけても、大事なことをするための時間はつくれない。

冒頭で「Tipsがいろいろ載っています」と紹介しましたが、ぼくが印象に残ったのは上に上げたような個々のTipsではありません*1。一日一つ、仕事に限らない再優先事項を決める、というところです。最優先事項を決めることで、一日を主体的にデザインするようになる。また、仕事に閉じて設定しないことで、仕事をし続けることを防げる。そうしてつくった時間で何か人生でやりたいことを前にすすめる。

意識低い系なのに無駄に仕事をしてる(らしい)ぼくには、目線を上げてくれる効果がありました。毎日90分好きなことをする。そのために、仕事をがんばったり、いろいろTipsをつかってやらないことを増やしたりする。

私は毎朝、鏡に映る自分に問いかけるようにしているのです。「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」と。「違う」という答えが何日も続くようなら、ちょっと生き方を見直せということです。

「ハングリーであれ。愚か者であれ」 ジョブズ氏スピーチ全訳: 日本経済新聞

ジョブズのこれですよね…。ついつい忘れてしまうので、半年に一回くらいカレンダに入れといてもいいかもしれない…。やりたいことはいっぱいありますからねー。

*1:Tipsは便利で役に立つけど、それこそネットにころがっています

作業着スーツとはこれいかに

こんな記事を読みました。

ある時、「スーツに見える作業着」を着たオアシスのメンテナンススタッフを見たビル管理会社の顧客が、自社のユニホームにも使いたいと採用されることになったのをきっかけに、その後も口コミで評判が広がり、本格的に商品化。メディアにも紹介されヒットした。

春水堂にアパレル、水道工事業の後継ぎがヒット連発の秘訣:日経ビジネス電子版

先日のガイアでもワークマンがスーツと作業着のリバーシブルウェアを開発したと紹介されていましたが*1、こういうのみるにつけ自分は商売の才能絶対ないよなあと思います。(迷走してるようにしか見えない…。)

まあしかし嘆いてもし方がないので仮説思考で

  • とにかくたくさん小さく動いてみて、
  • (実績として)売れる芽を見逃さない

ことに集中して、拾い上げて行くんでしょうね。

ところでこちらのオアシスソリューション、実は学生の時に話を聞きに行ったことがあります。環境スタートアップだよ!という採用ブランディングなのに中身はただの水道工事業者で少し残念だったのを覚えています。なので結局applyしなかったのですが、いまでは飲食やアパレルもやって一人あたり売上も2000万ほどあるようです。課題ドリブンなんじゃなくて、ビジネス成り立ちそうなことをとりあえずやってみるスタンスだったんですね。それはそれで楽しそう。

非対応アプリの動画をピクチャーインピクチャーで再生する方法(iOS/iPadOS版)

以前PC版を書きましたが*1、今日はiOS/iPadOS版です。

すべてのアプリでPIPできれば良いですが、対応していないものも多いです。例えば、

  • YouTube
  • テレ東BOD

なんかはこの便利機能を使えません。

そんなときはSafariでひらくとできます。

まず、Safariで動画を再生し、全画面表示にします。そうすると画像のように左上にPIPアイコンが出てきますので、タップしてください。
f:id:ukichiron:20210411162411p:plain
な、な、なんと、これだけでPIPで再生されるではありませんか!

おしまい。

iPhone & iPad 持ちのSIMベストプラクティス

楽天モバイルへの乗り換えでベストな状態になった気がするので書きます。

前提

わたしは基本毎日Wifiのつながるところにいます。長時間つながらないところにいるのは、

  • 仕事で月に数日と、
  • 休日のお出かけと、
  • 数ヶ月に一度連続して何日か

だけです。コロナ以前、そこそこの時間通勤にかかっていたときもだいたい3GBで収まっていました。

問題点

先日まで、iPhoneはUQモバイルのくりこしプランSで、iPadはテザリングでした。「数ヶ月に一度連続して何日か」が発生しそうな月はプランMに一時的に上げる、という運用をしていました。

この構成の良くないところは

  • ひと月前にわかっていないとプラン変更が間に合わない
  • iPhoneの電池は長時間のテザリングに耐えられない

ということです。

なので、iPad単体でネットにつながることができて、かつ、従量課金(使わないときはゼロ円に近く、使うときは直ちに使える)とうれしいわけです。

しかし、お財布にやさしい価格でこの問題を解決してくれる組み合わせは残念ながらありませんでした。

解決策

が、ここ半年で状況は一変。楽天モバイルが目を疑うプランを出してきたので一気に片付きました。

今の構成は

iPhone Rakuten UN-LIMIT VI 2台目 月額1,078-
iPad Rakuten UN-LIMIT VI 1台目 月額0-

です。

ポイントはiPadの方を1台目として新規に契約して、iPhoneの方は2台目としてMNPで乗り換えにすることです。

2台目は1GB未満でも1,078円スタートなので、逆にするとふだんWifiで良いiPadの方まで課金されてしまいます。繰り返しますが、2台目をMNPです

これで、月のコストは1,078円と今までよりも安いのにも関わらず、「iPad単体でネットにつながることができて、かつ、従量課金(使わないときはゼロ円で使うときは瞬時につかえる)」という状態を作り出すことができました。

満足。

あとがき

手続き中、UQモバイルのCSが完全にキャパオーバーで少し気の毒になりました。楽天モバイルも追いついてないみたいですが、方や嬉しい悲鳴、方や。

シャーペン

中学生ぶりにシャーペンを買いました。

きっかけは子どものために用意した鉛筆です。

ふだん GoodNotes × Apple Pencil でほぼペーパレスな生活になっていて、

たまに紙に書くときもボールペンかサインペンです。

だからかもしれません。

鉛筆の筆記体験に感動してしまいました。

やわらかな、心地よい、書き味。

黒鉛の良さを再認識させられました。

子供と同じ 2B の芯を、0.9 mm のグラフ1000に入れて、持ち歩いてます。


お題「#新生活が捗る逸品」