第一草稿

なんとなくをなんとなく書き出してみるブログ

掛け算順序問題にみる高等教育業界の粘り強さ

「掛け算は順除が大事である」という主張が一部で繰り返されているらしく、その間違いを指摘するツイートが定期的にタイムラインにあらわれる。理数系の学者がまいどまいど律儀に指摘しているのだ。ずっと同じことの繰り返しなので、はたから見ていると「放っておけよ」と思ってしまうのだが、粘り強く教えてあげている。

一人の大人の理解を正しく変えることができれば、その大人が関わる子どもたちに正しく理解させることができる。どう考えても疲れるし、短期的には費用対合っていないように見えるけど、長期的には大きな効果がある、という判断なのだろう。教育が日本を良くすると信じ、それを地道に実行している。頭が下がる。