第一草稿

なんとなくをなんとなく書き出してみるブログ

作業着スーツとはこれいかに

こんな記事を読みました。

ある時、「スーツに見える作業着」を着たオアシスのメンテナンススタッフを見たビル管理会社の顧客が、自社のユニホームにも使いたいと採用されることになったのをきっかけに、その後も口コミで評判が広がり、本格的に商品化。メディアにも紹介されヒットした。

春水堂にアパレル、水道工事業の後継ぎがヒット連発の秘訣:日経ビジネス電子版

先日のガイアでもワークマンがスーツと作業着のリバーシブルウェアを開発したと紹介されていましたが*1、こういうのみるにつけ自分は商売の才能絶対ないよなあと思います。(迷走してるようにしか見えない…。)

まあしかし嘆いてもし方がないので仮説思考で

  • とにかくたくさん小さく動いてみて、
  • (実績として)売れる芽を見逃さない

ことに集中して、拾い上げて行くんでしょうね。

ところでこちらのオアシスソリューション、実は学生の時に話を聞きに行ったことがあります。環境スタートアップだよ!という採用ブランディングなのに中身はただの水道工事業者で少し残念だったのを覚えています。なので結局applyしなかったのですが、いまでは飲食やアパレルもやって一人あたり売上も2000万ほどあるようです。課題ドリブンなんじゃなくて、ビジネス成り立ちそうなことをとりあえずやってみるスタンスだったんですね。それはそれで楽しそう。